ヘアケア

[京都 四条烏丸] トリートメントは髪の毛を痛める?その4

投稿日:2017年3月29日 更新日:

こんにちは。
京都の美容師、
美髪ヘアケアリストの藤原隆一です。

トリートメントは髪の毛を痛める⁉︎その1

トリートメントは髪の毛を痛める⁉︎その2

トリートメントは髪の毛を痛める⁉︎その3

の続き〜

トリートメントが髪の毛を痛める
ってことは

コーティングで髪の毛を痛める
ってことと書かせて頂きました。

このコーティングのことを皮膜と呼びます。

じゃあ何でコーティングで痛むの?

ってことなんですけど

美容室に行くと
パーマやカラー等の薬を使う施術をしますよね。

少し難しいんですがほとんどの薬剤には
アルカリ剤ってものを使います。

その薬剤って何にもしないと
髪の毛の中に残ってしまったり、

本来弱酸性の状態がいい髪の毛が
アルカリ性に傾いちゃうんです。

それってどういうことかと言いますと

髪の毛のダメージが進行してしまったり
しばらくの間、髪の毛が
かなり痛みやすい状態になるのです。

髪の毛に残った薬剤の残留物は
一回シャンプーでは落としきれません。

そしてその上からサロントリートメント。

髪の毛に残留物がある状態でフタをするように
コーティングするってこと。

そうすると髪の毛はサラサラ、ツヤツヤ。

なのに髪の毛の中はというと...

残留物が髪の毛のダメージを
どんどん進行させボロボロに。

何度も言いますが、
髪の毛は1度痛むと治りません。

本来毎日のシャンプーで
少しずつ流れ落ちるはずの薬剤の残留物が
ずっと流れずに髪の毛の中に残ってしまうのです。

いいサロントリートメントであればあるほど
コーティングの力は強いので

より残留期間が長くなり
髪の毛に負担をかけることになるのです。

髪の毛を綺麗にしたいって思いで
サロンでトリートメントをしている方が
髪の毛が痛んでしまう。

そんな悲しい話はないですよね。

むしろ何もしない方の方が
髪の毛が綺麗だったりします。

髪の毛が綺麗な方って意外と
何もしてないはずです!

これがコーティングが髪の毛を痛める、
トリートメントが髪の毛を痛める
というお話でした。

じゃあケアってどうしたらいいのかって?

本当の正しいケアの方法を
また書かせて頂きますので是非読んで下さいね。

本当の美髪を一緒に目指しましょう。

お問い合わせ

ご予約、ご相談はこちらから!

ご予約&ご相談について

LINE@でもご予約&ご相談受付中〜

友だち追加

京都の美容師、「美髪ヘアケアリスト」の藤原隆一です。
髪の毛の正しいケアや
どうにもならない悩みなどを一緒に解決させて頂きます。
本当のキレイは毎日が楽しくなりますよ〜(^^)
一緒に美髪を叶えましょう(^O^)
ご予約、ご相談はLINE@→@asj1251dまで
【お問い合わせ】

ご予約メニューアクセス

【店舗情報】

・Real me 京都 四条烏丸 ドゥエ

・〒604-8221
京都府京都市中京区天神山町277 K-an3階

・営業時間
10:00~21:00
*cutは1時間前、
perm・colorは2時間前
縮毛矯正は3時間前までのご予約となります。

その他のメニューに関しては
お問い合わせ下さい。

完全予約制

・定休日

月2回、月曜日をお休み頂いています。

-ヘアケア

Copyright© 京都 四条烏丸の美容室、美容院 、ダメージ毛、ヘアケア、縮毛矯正に専門特化した藤原隆一の美容師ブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.