ヘアケア

[京都 四条烏丸] 冬によくやりがちなストーブやファンヒーターで髪を乾かす危険性とやってはいけない理由

投稿日:

寒い冬になるとついつい髪を乾かすのが
後回しになってしまっていませんか?

寒い日のお風呂上りに
洗面所でドライヤーをするのって
正直、面倒ですよね。

そこで、

よくやりがちなのが
暖房器具(ストーブやファンヒーター)で
髪の毛を乾かしてしまうという事。

ドライヤーで乾かすのは面倒だと思い
勝手に早く乾いてくれる、

ストーブやファンヒーターで
乾かした経験はお有りではないでしょうか?

確かに早く乾き、楽ですし、
寒い思いもしませんもんね。

しかし、

ストーブやファンヒーターで
髪を乾かすことはとても危険で
髪にとても絶対良くないんですよ。

これを読めば今日から
暖房器具で髪を乾かすのは
やめようと思うはずです。

髪を暖房器具で乾かしてはいけない理由

①温度が高過ぎて髪がパサパサに。

まず、

1番に髪のダメージになります。

ストーブやファンヒーターは
部屋を暖めるものなので
ドライヤーに比べ、かなりの高温です。

その熱を髪の毛に当て続けていると
髪のダメージの原因になります。

しかも、

ドライヤーのように均一に
まんべんなく熱が当てられないので、

同じ場所ばかりに熱が当たり
かなりのダメージになってしまいます。

それを毎日って考えると
髪はすぐにボロボロになってしまいます。

恐ろしいですよね。

②根元が乾かない

2つ目は根元がしっかり
乾かせないということ。

ドライヤーであれば風を髪の
根元から当て乾かしていくと思いますが、

ストーブやファンヒーターだと
ドライヤーのように風を当てる
場所の調節ができなく、

しかも、

高温のせいで
表面ばかりが乾き、肝心な根元が
乾いていないという状態に。

根元がちゃんと乾いていないまま
寝てしまうと頭皮のかゆみの原因にもなり
朝の寝癖がすごくいってしまいますよ。

風邪の原因にも。

③綺麗に乾かない

当たり前ですが
ストーブやファンヒーターでは
スタイリングやブローができません。

ドライヤーであれば艶をだしたり
ボリュームを出す事もできます。

濡れた髪がストーブやファンヒーターの熱で
一瞬で乾いしまうと、

変な形のまま乾いてしまったり、
広がってしまったりし
それを直すのにとても大変です。

後々、大変ですし、
時間も手間も勿体無いのでやめましょう。

④危険

そもそも高温がでる暖房器具に
髪を近づけるのは危険です。

髪が燃えてしまったり
暖房器具内に絡まったりしてしまうと
取り返しがつかない事に。

燃えてしまうと流石に
切るしか方法が無いので
髪を大切にして下さいね。

まとめ

暖房器具で髪を乾かしてはいけない
理由が分かってもらえましたでしょうか?

①かなりのダメージの原因に。

②頭皮のトラブルの原因に。

③綺麗なヘアスタイルにならない。

④髪が燃える危険性がある。

良いことが1つもないですよね。

やはり、

暖房器具は部屋を暖めるもので
髪を乾かすのにはドライヤーが1番です。

オススメのドライヤーはこちらです。
↓↓
ヘアビューザー、ホリスティックキュア、ダイソンの話題のドライヤーから美容師が選んだドライヤーはこれ

良いドライヤーで
髪を素早く乾かしましょう。

普段から髪を大事にしていても
髪は一瞬で傷んでしまいます。

そして、

髪は傷むと2度と治りません。

日常生活から気を付けていきましょうね。

お問い合わせ

ご予約、ご相談はこちらから!

ご予約&ご相談について

LINE@でもご予約&ご相談受付中〜

友だち追加

京都の美容師、「美髪ヘアケアリスト」の藤原隆一です。
髪の毛の正しいケアや
どうにもならない悩みなどを一緒に解決させて頂きます。
本当のキレイは毎日が楽しくなりますよ〜(^^)
一緒に美髪を叶えましょう(^O^)
ご予約、ご相談はLINE@→@asj1251dまで
【お問い合わせ】

ご予約メニューアクセス

【店舗情報】

・Real me 京都 四条烏丸 ドゥエ

・〒604-8221
京都府京都市中京区天神山町277 K-an3階

・営業時間
10:00~21:00
*cutは1時間前、
perm・colorは2時間前
縮毛矯正は3時間前までのご予約となります。

その他のメニューに関しては
お問い合わせ下さい。

完全予約制

・定休日

月2回、月曜日をお休み頂いています。

-ヘアケア

Copyright© 京都 四条烏丸の美容室、美容院 、ダメージ毛、ヘアケア、縮毛矯正に専門特化した藤原隆一の美容師ブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.