ハナヘナ ヘアケア

[京都 四条烏丸] ナチュラルヘナとケミカルヘナの違い

投稿日:2017年4月17日 更新日:

こんにちは。
京都の美容師、
美髪ヘアケアリストの藤原隆一です。

唯一のトリートメント?︎
の続きです。

前回にヘナには大きく分けて
ナチュラルヘナとケミカルヘナの
2種類あるとお話させて頂きました。

今日はヘナの種類について書きますね。

ハナヘナ(ナチュラルヘナ)

天然100%のヘナのことを
ナチュラルヘナといいます。

ハナヘナはもちろんこっちです!

色はオレンジしかありません。

天然のヘナは通常のヘアカラー剤とは違い、
化学染料などの化学製品が入っていないので
髪の毛を明るくすることはできません。

白髪や、ヘアカラーで染めた明るい部分を
オレンジ色に染める事しかできないのです。

でもオレンジになるって嫌ですよね。

これをブラウンに染めるのに
インディゴという藍色の天然染料と混ぜて
ブラウンにします。

オレンジにブルーを混ぜて
自然な茶色にします。

なので
色は自然なブラウンしか選べません。

ケミカルヘナと違い、天然染料なので
髪に負担をかけることがありません。

これがすごく大事

ケミカルヘナ

天然のヘナに化学成分が配合されている物を
ケミカルヘナといいます。

ヘナで染めているのに
オレンジかブラウン以外の色になるヘナは
ケミカルヘナです。

ヘナって沢山種類がありますが
市販されているヘナの多くは
化学染料が入っているケミカルヘナです。

天然のヘナは染まりが悪いので、
一般の方でも染められるように
化学染料が入っていることが多いのです。

化学染料が入っているってことは
頭皮や髪の毛に負担をかけるので
本末転倒ですね。

トリートメントにもならないですし
ヘナをする意味が全くありません。

ヘナだからといって安心して使うのには
気をつけて下さい

じゃあ天然100%だったら大丈夫?
てことなんですがこれも違います。

本当に天然100%のヘナって
ハナヘナだけなんですよ。

次にハナヘナとナチュラルヘナの
違いを書きますね。

お問い合わせ

ご予約、ご相談はこちらから!

ご予約&ご相談について

LINE@でもご予約&ご相談受付中〜

友だち追加

-ハナヘナ, ヘアケア

Copyright© 京都 四条烏丸の美容室、美容院 、ダメージ毛、ヘアケア、縮毛矯正に専門特化した藤原隆一の美容師ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.