ヘアケア

[京都 四条烏丸] 高温で髪の毛がボロボロに 卵に例えてみます

投稿日:2017年4月10日 更新日:

こんにちは。
京都の美容師、
美髪ヘアケアリストの藤原隆一です。

お客様からのQ&A 巻いてもすぐとれてしまう。の続き〜

髪の毛がなぜ高温で痛んでしまうのか

髪の毛はたんぱく質で出来ています。

卵や肉などと同じたんぱく質です。

卵で例えてみましょう!

卵って生卵、半熟、よく焼きなど
焼き加減で固さって変わってきますよね。

焼き過ぎると焦げてしまいパサパサの状態に。

決して焦げてしまった卵が
元の生卵の状態に戻ることはありません。

焦げってボロボロに砕けてしまいますよね。

髪の毛も同じなんです!

熱で固まってしまった髪ってパサパサになり
焦げのように砕けやすくなるので
枝毛や切れ毛の原因になってしまうのです。

たんぱく質が焦げて固まった状態、これを「タンパク変性」といいます。

なので

髪の毛のたんぱく質が半熟でいれるように
アイロンやコテを使う時は
120度〜130度の温度を守って下さい。

それに髪の毛は高温である程
型がつきやすいというのは間違いです。

髪の毛は温めるとか柔らかくなり
冷めると固まるというお餅のような
性質をもっているのです。

優しく温めて優しく冷やす。

これでスタイリング剤などを使わなくても1
日カールが持つようになります。

正しい長持ちする巻き方は
次に書きますのでお楽しみに。

お問い合わせ

ご予約、ご相談はこちらから!

ご予約&ご相談について

LINE@でもご予約&ご相談受付中〜

友だち追加

-ヘアケア

Copyright© 京都 四条烏丸の美容室、美容院 、ダメージ毛、ヘアケア、縮毛矯正に専門特化した藤原隆一の美容師ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.