縮毛矯正

縮毛矯正しているのに「まとまらない」「広がる」原因をダメージ最小限の「リタッチ」でお悩みを解決する方法

投稿日:2018年12月18日 更新日:

「縮毛矯正をしているのに
髪がまとまらない」

その原因は何だと思いますか?

まとまらないから
毛先をブローしてみたり、

ダメージや広がりが気になり
ご家庭や美容室でトリートメントを
してみたりしますよね。

でも、

それであなたのお悩みは
解消されましたか?

解消されないですよね。

何故ならその原因は根元の癖が
伸びてきているからなんですよね。

毛先が跳ねたり、広がったりすると
ついつい、毛先ばかりに
目が行きがちになってしまいますが、

実は原因はそこではありません。

ブローでもそうですが、
根元が綺麗に伸びていないと
毛先がまとまる事はないですしね。

しかも、

縮毛矯正は1度当てると
半永久的にストレートのため、
毛先はストレートのまま。

なので、

生えてきた癖の部分を
再びストレートにするだけで
そのお悩みは解消されるんですよ。

それが「リタッチ」の力です。

本日のお客様

ブログからご来店頂いていますお客様です。

他店で縮毛矯正されたのが約半年前。

髪質も細くて傷みやすい
デリケートな髪質です。

その為、ヘアケアは
徹底されているのですが、

「最近何をしてもまとまらない」
「髪が綺麗に見えない」のがお悩みです。

このお悩みの原因は根元の癖毛部分。

縮毛矯正してから日が経ち、
根元の癖が伸びて、

ストレートの髪と地毛の癖毛が
入り交じっているからなんですよね。

癖がかなり伸びちゃっていますね。
↓↓

元々、傷みやすい髪質という事もあり
縮毛矯正も極力少ない回数で、
半年に1回程の周期。

つまり、

半年間に伸びた地毛の癖毛が
まとまりの悪さの原因だったんです。

なので今回は縮毛矯正の「リタッチ」

的確に癖毛の部分だけを当てる事で
傷みやすい髪質でもダメージを最小限で
お悩みも解決する事ができるんですよ。

仕上がり

カット、ブロー無しの
乾かしただけの仕上がりです。
↓↓

毛先は触らなくとも
ツヤのある、まとまりの良い髪へ。

中の癖も強めでしたがこの通り。
↓↓

たったこれだけの事で
髪は生まれ変わるんですよね。

こういう時って髪を綺麗にしたい一心で
ついつい全体に縮毛矯正を
当てがちになってしまいますが、

原因さえ分かっていれば
ピンポイントにアプローチし
無駄なダメージも避けられます。

髪を綺麗にしたいのなら
1回1回の施術は積み重ねになりますし、

特に縮毛矯正のような
大きなダメージを伴う施術は
ダメージ管理が重要ですしね。

「縮毛矯正をしていてもまとまらない」

それには必ず原因があります。

ダメージによるものなのか、
癖が伸びていないのか、
毛先がまっすぐ過ぎるのかなど

原因は様々ですが、
必ず解決方法はあるんですよ。

お悩みご相談下さいね。

早急に解決してストレスフリーな
ヘアライフを送りましょう。

縮毛矯正リンク

その他の縮毛矯正はこちらへ。
↓↓

お問い合わせ

ご予約、ご相談はこちらから!
↓↓
ご予約&ご相談について

LINE@でもご予約&ご相談受付中〜

友だち追加

-縮毛矯正

Copyright© 京都 四条烏丸の美容室、美容院 、ダメージ毛、ヘアケア、縮毛矯正に専門特化した藤原隆一の美容師ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.