縮毛矯正 髪質改善

髪の梳き過ぎによるパサつき、うねりには縮毛矯正と髪質改善で綺麗な髪質へ

2020年3月30日

カットによる「梳かれ過ぎ問題」

元々の量が多かったり、
重く感じる場合、

「軽くして下さい」
「量を減らして下さい」と言って
失敗された経験はございませんか?

もちろん、髪を梳くという事は
決して悪い事ではありません。

しかし、

量がスカスカになってしまったり
適切な場所に梳きが入っていない状態だと、
髪は扱いにくくなってしまうんですよね。

ただ軽くなっただけで
膨らみやすくなってしまったり、
今まで無かった癖が出てしまったり、

髪の質感もパサパサに見え、
綺麗なツヤのある髪とは
掛け離れてしまうんですよね。

では、どうやって綺麗にしていくのか。

「縮毛矯正」「髪質改善」
綺麗にしていく事が可能なんですよね。

しっかりと段階を踏んでいきながら
修正をしていく事で髪は確実に
綺麗になっていくんですよ。

ビフォー

去年の12月にブログから
ご来店頂いた時の状態です。

前回、他店で施術を受け、
「重いから軽くして下さい」
言ったところ、髪がまとまらない状態に。

根元付近の髪は綺麗なのに、
中間部分はうねりやパサつきが
出てしまっていますよね。

中を開けてみると、
このような状態です。
↓↓

乱雑に梳きが入っており、
短い髪が沢山あり、髪が弱くなり、
癖が出てしまっているんですよね。

表面にも同じような梳き跡があり、
それがパサついて見える原因に。

まず、これを改善していくには
カットラインを整えてあげる事と
強度を高めてあげる必要があるんですよね。

なので、

初回の施術はカットと「髪質改善」

梳き過ぎによる弱った髪を補強し、
髪そのものを強くする施術です。

髪質改善についてはこちらへ。
↓↓

髪質改善後

髪質改善をさせて頂き、
2ヶ月後の来店時の状態はこちらです。
↓↓

髪の強度が上がった為、
中間部分のパサつきはかなり収まり
これだけでも扱いやすくなったのですが、

中の癖はこの通り、
まだまだ残っている状態です。
↓↓

この癖を綺麗にして
さらに扱いやすくする為には
「縮毛矯正」

前回の髪質改善で
髪の強度も高まっている為、

弱っていた髪でも
安全に施術する事が出来るんですよ。

縮毛矯正後

中の癖が収まり、
暴れて収集がつかなった髪がこの通り。

これでまた綺麗に髪が
下ろせるようになりますね。

「縮毛矯正の概念が変わった」とまで
おっしゃって頂けました。

そして、

後日、色にもムラがあった為、
フルカラーの施術をさせて頂きました。
↓↓

色も艶やかな色になり、
より上質な質感の髪質へ。

3ヶ月前と後では
別人の様な髪になりましたよね。

カットの失敗というのは
すぐに改善出来るものでは
ありませんが、

正しく段階を踏まえて
施術していく事で
改善への近道にはなっていきますよ。

カットで髪が扱いにくくなっている
ケースはまだまだ沢山あります。

しかし、

それはお客様には見えなかったり、
髪の中の状態がどうなっているか
分からなかったりするからなんですよね。

まさか、美容室でカットしているのに
扱いにくくなるなんて思わないですしね。

あなたの髪が綺麗に見えなかったり
扱いにくいのは
「カットが原因」かもしれません。

でも、

その様な場合も早く簡単に
理想の髪へと改善していく方法が
ありますのでご相談下さいね。

縮毛矯正 お客様実例

その他の縮毛矯正はこちらへ。
↓↓

お問い合わせ

ご予約、ご相談はこちらから!
↓↓
ご予約&ご相談について

LINE@でもご予約&ご相談受付中〜

友だち追加

-縮毛矯正, 髪質改善

Copyright© 京都 四条烏丸の美容室、美容院 、ダメージ毛、ヘアケア、縮毛矯正に専門特化した藤原隆一の美容師ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.