パーマ

縮毛矯正している髪にはパーマができない?ストレートのマンネリから脱出する「デジタルパーマ」

投稿日:2019年3月10日 更新日:

1度は誰もが憧れる、
ストレートのロングヘア。

縮毛矯正を当てた
「サラサラ」「ツヤツヤ」
ストレートはとても綺麗ですよね。

けれど、

毎日ストレートというの
飽きてしまいますよね。

何か変化が欲しい。

お出かけや行事などに参加する時には
たまには巻き髪のようなパーマや
違うヘアスタイルも楽しみたい。

そんな風に思った事はありませんか?

しかし、

「縮毛矯正しているからパーマはできない」
と、美容師さんから言われた事のある
経験がある方も多いはず。

現実問題、
縮毛矯正が当たっている髪に
パーマは当てる事は困難なんですよね。

熱で定着させているストレートの髪を
無理矢理曲げようとすると、

大ダメージに繋がる事になったり、
綺麗にパーマが当たらず、
ただ傷んだだけなんて事も。

でも、

諦める必要はありません。

縮毛矯正を当てた髪でも
綺麗にパーマを当てる事も
可能なんですよ。

本日のお客様

ブログからご来店頂いていますお客様です。

初めてご来店されたのが
3ヶ月前の去年の12月。

長年続けてきた縮毛矯正のダメージや
癖の伸びが悪くなったという
お悩みでご来店頂きました。

それから、髪質改善や縮毛矯正を
させて頂き、今では随分と
綺麗な髪質へと変化されてきています。
↓↓

そして、

いずれは「パーマを当ててみたい」
いうのがお客様の元々の希望。

長年縮毛矯正をしていると
どうしてもストレートヘアに
飽きがきてしまうんですよね。

かといって、
自分で巻くのも苦手だったり、

毎日巻いて、
ダメージが進行してしまうのも
気になりますよね。

それに、

縮毛矯正が当たっている髪に
パーマを当てるというのは高リスク。

せっかく綺麗になられてきている
髪を傷ませたくないのも事実。

これを打開する為に登場するのが
「デジタルパーマ」

どうしても通常のパーマだと
薬剤の力だけに頼る為、

縮毛矯正毛のように熱で定着している
髪に当てるとパサついたり、
当たらなかったりするのですが、

デジタルパーマだと熱の力を使い、
薬剤と熱のバランスで
当てる事が出来るので、

縮毛矯正毛にも
柔らかなツヤのあるパーマを
当てる事ができるんですよね。

仕上がり

スタイリング無しの
乾かしただけの仕上がりです。
↓↓

髪の質感は持続したまま
ツヤのある柔らかい
パーマヘアへと大変身。

念願のパーマによるイメージチェンジ。

毛先のニュアンスが変わる事で
大きくイメージが変わりますよね。

パーマを当てる以上、
ダメージというのは
避ける事は出来ませんが、

熱を使う事でツヤが増し、
パーマ特有のパサツキも抑えられ、

結果、縮毛矯正が当たっている髪にも
綺麗にパーマを当てることが
出来るんですよね。

縮毛矯正しているから
ヘアスタイルは選べない。

そんな事は、
決してないんですよ。

髪は「綺麗」という事も大切ですが、
ヘアスタイルを楽しむという事が
あくまでも原点です。

毎日が楽しい
ヘアライフを過ごして下さいね。

パーマリンク

その他のパーマはこちらへ。
↓↓

お問い合わせ

ご予約、ご相談はこちらから!
↓↓
ご予約&ご相談について

LINE@でもご予約&ご相談受付中〜

友だち追加

-パーマ

Copyright© 京都 四条烏丸の美容室、美容院 、ダメージ毛、ヘアケア、縮毛矯正に専門特化した藤原隆一の美容師ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.